落ち込んでいる女性と病原体

男性のカンジダの症状について

心配している女性

女性の5人に1には膣カンジダを経験しています。
性病の多くは性行為によって菌を移されることによって発症しますが、カンジダ菌という真菌は健康な人の皮膚や粘膜に常在する菌です。
それが免疫力が低下することにより大量に増殖することで症状が起こるのです。
ストレスやホルモンバランスの変化・陰部の洗いすぎ・締め付けの強い下着による圧迫でも感染しやすいです。
外陰部にかゆみが出てきたり、ヨーグルトやカッテージチーズのような白い大量のオリモノが出るようになったら要注意です。
進行していくと膣や外陰部に灼熱感や痛みを感じたり、性交の際にも痛みが発生するようになります。

カンジダは、常在菌です。
一度感染すると治りにくく、常に菌は存在するため、たとえ治ったように見えても、何らかの要因があればすぐにまた発症します。
また症状がぶり返さないためにも日々の生活で予防に努める必要があります。
菌は高温多湿の環境を好みます。
だからといって清潔にしようと石鹸で洗いすぎるのも膣内の環境バランスを崩してしまい悪化することになります。
規則正しい生活を心がけ、免疫力をアップさせ感染しにくい体作りをしましょう。

カンジダ菌を常在菌として持っているのは女性だけではありません。
男性も注意すべきなのです。
男性の方が感染者が少ないのは性器の構造に理由があります。
全部露出している男性器は通気性が高く菌が繁殖しにくいのです。

とはいえ、性行為の際にはコンドームをつけること、規則正しい生活をして免疫力を高めることに気をつけてください。
女性同様、陰部にかゆみを感じたり、白い垢が出てくるようになったら要注意です。
とはいえ、女性よりは症状がひどくなりにくく、自覚症状がほとんどないままに自然に治癒してしまうというケースが多いです。
気をつけなければならないのは包茎の男性です。
なぜなら女性同様にカンジダ菌が増殖しやすい環境となっているからです。

包茎男性が感染しやすく、治りにくい

包茎男性の場合、皮をかぶっているのでその部分に汚れが溜まりやすくなり、高温多湿となります。
決して男性器が通気性が良いとは言えないのです。
それが、カンジダに感染しやすい理由です。
症状がひどい場合、それでも放置しておくとかゆみは強くなります。
二次感染により包皮から膿が出たり陰茎が腫れたり、尿道炎が起こったりひどい状態になっていってしまいます。
何度も感染するというのであれば包茎自体を治すことを医師と相談してみた方がよいのかもしれません。

包茎で悩む男性は多いです。
更に病気も発症してしまうくらいなら病院で完全に治してしまった方が、男としての自信にもつながります。
もちろん、包茎ではない男性もまれに感染することはあります。
免疫力が低下したら菌が増殖するというのは男女とも同じなのです。
特に尿道口の中は湿度が高いためそこに菌が繁殖するのです。
痛みやかゆみ・白いものが出てくるなど何らかの症状が見られるなら早めに検査を行ってください。

最近ではインターネット経由で匿名で検査キットを取寄せすることもできます。
性行為を行っているのであれば男性の側だって感染していないとは限りません。
必ず男女両方の検査キットを取り寄せしましょう。
初期段階であれば、軟膏を塗ったり処方されているものを服用するだけで治ります。
長く放置すればするほど治りにくくなります。
男性でも、ちょっとでも違和感を感じるのであれば菌はそれなりに増殖しています。
放っておいても治ることはありません。

常に菌はあなたの体に存在しているのですから、たとえ性交渉をしていなくてもいつ感染しないとも限りません。
粘膜のあるところにはカンジダ菌がいるため、口内などに感染する場合もあります。