落ち込んでいる女性と病原体

カンジダにならないために気をつける生活の仕方

心配している女性

カンジダ症にならないために、日常生活の中で気を付けていくべきことはあるのでしょうか。
まず、第一に大切になってくるのは生活習慣を改善し、睡眠をしっかりとるということです。
というのも、カンジダ症は体の中に常在しているカンジダ菌が原因になっています。
体の調子が悪くなればそれだけ菌が繁殖する可能性も高まっていくというわけです。
カンジダ症にならないために、まずは栄養バランスの整った食事を心がけていくようにしましょう。
食事の面に気を遣うだけでも体の調子は一段と良くなっていきます。

そしてストレスをため込まないように、身体をしっかりと休めることです。
一見するとカンジダ症と関係ないようなことですが、こうした日常的な取り組みがカンジダ症を防ぐためには必要になってきます。
カンジダ症は性病として扱われることが多いですが、実は原因は自分の生活習慣がもとになっているかもしれません。
そもそも、カンジダ菌が増殖することによって引き起こされるわけですから、菌が増殖する行為を自分でしていれば性行為がなくても当然カンジダ症になってしまうというわけです。
カンジダ症になると不快な状態が続くことになるので早め早めに対処していくに越したことはありません。

具体的な不快感があらわれてから対処に取り組むという手もありますが、大切になってくるのはそうなる前にそれを予防することです。
意外な盲点となっているのが、性器周辺の雑菌繁殖です。
性器部分が不潔な状態になっていれば、それは性行為がなくても雑菌がどんどんと繁殖していきます。
本来であれば、毎日の入浴やシャワーによって性器周辺は清潔な状態が保たれています。
ただ、これがおりものや汗などによって状態が変われば例外です。
おりものは女性の体調次第で量が変化していきますし、汗の量も同様です。
夏場の季節であれば下着の中で蒸れが生じ、カンジダ菌などの雑菌が繁殖しやすい状態が引き起こされてしまうというわけです。

実は多い下着の蒸れによる感染

先に挙げたように、下着の中の蒸れによってカンジダ菌の感染がおこることがあります。
もちろん、膣内にカンジダ菌があるからといって必ずしもカンジダ症になるというわけではありませんが、感染がおこるような環境が慢性化すれば、菌が増殖しても仕方ありません。
カンジダ症を防ぐためにはまず、パンツが蒸れてしまう状態を解消していくことが大切です。
その改善の仕方なのですが、パンツの素材に着目していくのがおすすめです。

化学繊維が使われているパンツはそれだけ見た目は良くなりますが、通気性の面で問題がでてきます。
つまり、蒸れが起こりやすい状態が引き起こされるというわけです。
パンツは天然由来の素材、例えば綿などの素材のものを選ぶのがベストです。
綿であれば通気性もある程度確保できますし、肌にも優しいため肌荒れの心配などもなくなります。
綿のパンツをはいているからといって必ずしもカンジダ症にならないのかと言われればそうではありません。
ですが、その要因の一つでもある下着の蒸れは十分に防ぐことが出来るわけです。

性器周辺の雑菌の増殖を防ぐには、先に挙げたように患部を清潔に保つことが大切です。
その為に下着の工夫はもちろんのこと、トイレの際にはウォシュレットを使うなどしていくのもおすすめです。
ウォシュレットを毎回使えというわけではありませんが、トイレットペーパーのカスや汚れがそのまま残ってしまうことを考えると、こまめに使っておくに越したことはありません。
ここで挙げたいくつかの方法を一つだけでなく、一緒に取り入れていくことによってカンジダ症の感染を防いでいくことができます。
まずは簡単なものから取り入れていくといいでしょう。